【モンハンワールド】見切りスキルの内容

MHW見切りについて

モンハンワールドのスキル「見切り」についてまとめました。MAXレベルは7。レベルが上がるにつれて会心率が高くなります。

会心攻撃が発動した場合、赤白い閃光のようなエフェクトが発生し、音も少し派手になるので分かりやすいと思います。

見切りスキルの内容

Lv1:会心率+3%
Lv2:会心率+6%
Lv3:会心率+10%
Lv4:会心率+15%
Lv5:会心率+20%
Lv6:会心率+25%
Lv7:会心率+30%

※内容は製品版と異なる可能性があります。

会心攻撃はダメージ1.25倍

モンハンワールドの会心攻撃を、トレーニングモードの木で調べてみました。

  • 大剣の縦斬り … 会心無し40ダメージ:会心あり50ダメージ → 1.25倍
  • 大剣の斬り上げ … 会心無し33ダメージ:会心あり41ダメージ → 1.25倍

会心攻撃のダメージは1.25倍でした。過去作と同じですね。

見切りと攻撃スキルはどちらが良いのか

攻撃スキルである「見切り」と「攻撃」ですが、どちらの方が総ダメージを与えられるのかは、攻撃力と会心率によって変わってきます。

試しに、大剣の縦斬り40ダメージ×10回で計算してみました。

見切りLv3

  • 会心率+10%
  • 10回に1回ダメージが1.25倍
  • 大剣の縦斬り…会心無し40ダメージ
  • 10回中1回が50ダメージ
  • 総ダメージ410

攻撃Lv3

  • 基礎攻撃力+9
  • 大剣の縦斬り…攻撃スキル無し40ダメージ
  • 攻撃スキルあり45ダメージ×10回
  • 総ダメージ450

見切りLv3と攻撃Lv3では、40ダメージ違いました。大剣の縦斬り1回分の差が出ていますね。

ただ先ほどもお伝えしたように、武器の攻撃力や会心率によっては、見切りをつけたほうが総ダメージが大きい場合もあります。本編にもトレーニングモードはあるので、どちらか迷った場合は実際のダメージ数値を見て判断してみて下さい。

※2017年12月11日現在、まだベータテスト版であり、製品版では異なる場合があります。

【モンハンワールド】防御スキルの内容

モンハンワールド防御スキル

モンハンワールドのスキル「防御についてまとめました。MAXレベルは7。レベルが上がるにつれて防御力が高くなり、レベル4からは火、水、雷、氷、龍属性の耐性値も+3増えます。モンスターの攻撃を避ける自信がない場合、防御力を上げて生存確率を上げていきましょう。

防御スキルの内容

Lv1:防御力+5
Lv2:防御力+10
Lv3:防御力+15
Lv4:防御力+20、全属性耐性値+3
Lv5:防御力+25、全属性耐性値+3
Lv6:防御力+30、全属性耐性値+3
Lv7:防御力+35、全属性耐性値+3

※内容は製品版と異なる可能性があります。

全体防御率について

※2017年12月10日現在、まだベータテスト版であり、以下の情報が正しいとは限りません。

これまでのモンスターハンターシリーズには、隠しパラメータとして全体防御率というものがありました。ハンターではなくモンスターに適用されるのですが、全体防御率が100%ならダメージは100%与えられ、全体防御率が50%なら与えるダメージが50%になってしまうというものです。

過去作では、下位、上位、G級クエスト、またイベントクエストなどで全体防御率が異なることがありました。当然、全体防御率が低いということはこちらの与えるダメージが減るということであり、モンスターを討伐するのに一苦労することもありました。

2017年12月10日現在、まだベータテストなので分かりませんが、全体防御率はモンハンワールドにもあるかもしれません。

防御力を上げても死んでしまう場合は立ち回りを見直す

たとえ防御力を上げても死んでしまう場合、そもそもダメージを受けないような立ち回りが出来ていない可能性があります。

  • モンスターのモーションを見ておらず、とにかくごり押しで攻撃する
  • まだ操作に慣れておらず、操作ミスから生じるスキにモンスターに攻撃される
  • モンスターの攻撃範囲を把握できていない
  • モンスターが複数いる時に周りの状況を確認できていない

など、見直すことがあるかもしれません。

もしあなたが上記に当てはまる場合は、まずはトレーニングモードでハンター自身の操作方法を覚え、そのあとはモンスターをじっくり観察して動きを覚えることをおススメします。

参考にしてもらえると嬉しいです。

【モンハンワールド】攻撃特化装備【ベータテスト版】

ベータテスト攻撃力特化

ベータテスト版での攻撃特化型の装備の組み合わせです。攻撃Lv4、防御Lv1、見切りLv1がついています。

基礎攻撃力は+12、会心率は+8%、防御力は+3となっています。近接武器は火属性武器がないので、防御力が上がるインゴットグラブを採用しました。ボウガンは火炎弾があるので、腕をジャナフグラブにすると良いですね。

装備の組み合わせ

  • 頭…ジャナフヘッド(スキル:攻撃)
  • 胴…ハンターアーマー(スキル:攻撃)
  • 腕…インゴットグラブ(スキル:防御)
  • 腕…ジャナフフォールド(スキル:攻撃)※火属性攻撃強化の場合はジャナフグラブ
  • 足…インゴットレッグ(スキル:見切り)
  • 護石…攻撃の護石Ⅰ(スキル:攻撃)

攻撃は最大の防御です。ダメージが高ければモンスターもひるみやすくなるし、討伐スピードも上がります。見た目は微妙ですが、参考にしてみて下さい。

※内容は製品版と異なる可能性があります。

【モンハンワールド】攻撃スキルの内容

モンハンワールド攻撃スキル

モンハンワールドのスキル「攻撃」についてまとめました。MAXレベルは7。レベルが上がるにつれて基礎攻撃力が高くなり、レベル4からは会心率も上がります。モンスターの討伐速度が速くなるので、ぜひつけたいスキルです。

攻撃スキルの内容

Lv1:基礎攻撃力+3
Lv2:基礎攻撃力+6
Lv3:基礎攻撃力+9
Lv4:基礎攻撃力+12、会心率+5%
Lv5:基礎攻撃力+15、会心率+5%
Lv6:基礎攻撃力+18、会心率+5%
Lv7:基礎攻撃力+21、会心率+5%

※内容は製品版と異なる可能性があります。

基礎攻撃力について

※2017年12月10日現在、まだベータテスト版であり、以下の情報が正しいとは限りません。

基礎攻撃力とは、その武器の素材が持つ攻撃力のことです。その基礎攻撃力に武器種ごとの武器倍率がかけられ、さらに斬れ味補正会心補正モンスターの部位武器のモーション(ボウガンや弓は弾やビンの種類など)などによって補正がかかり、与えるダメージが変わってきます。

基礎攻撃力 × 武器倍率 × 斬れ味補正 × 会心補正 × モーション値 × その他補正(弾、ビン、属性、防御率など) × モンスターの部位 = ダメージ

モンハンワールドでは武器種毎に倍率がかけられており、武器種に攻撃力がよって大きく違います。

たとえばベータテスト版の大剣アギトは480ですが、片手剣アイアンバングは126です。これはなにも大剣と片手剣で4倍差があるというわけではなく、「大剣は重くて一撃が大きい武器」という表現をするために、大剣と片手剣に異なる倍率がかけられているわけですね。

余談:MHP3は武器種ごとの倍率はなく、初期装備の大剣と片手剣は同じ攻撃力が表示されていました。

攻撃は最大の防御!

今までMHFとMH3G、あとストーリーズを除き、全てのモンハンをプレイしてきましたが、どんな作品でもたいていおすすめスキルに挙げられるのが攻撃スキルです。

ガンランスの叩きつけをトレーニングで試してみましたが、攻撃スキルがない状態のダメージは42で、攻撃Lv4のダメージは47でした。

数値的にはたったの5に感じるかもしれませんが、LV4でも割合で見れば10%以上上がっています。各補正によってはもっと高く上がるので、「なかなか倒せないな…」という場合は防御に重きを置くのも良いですが、攻撃スキルを上げていくのもおススメです。

ダメージが高ければモンスターもひるみやすくなりますし。参考にしてみて下さい。

モンハン:ワールド ベータテスト版動画配信予定

MHWβテス

ベータ版のダウンロードはすでに済んであるので、さっそくベータテスト版がプレイできる2017年12月10日2時からプレイしていく予定です。

Youtubeに配信予定で、場合によってはライブ配信もするかもしれません。

一応、全武器プレイし、全モンスターも討伐します。それ以外にも

  • キャラメイク(一部ですが)をじっくり見たり
  • 装備を確認したり
  • トレーニングモードを武器毎に試したり
  • 討伐せずマップを古代樹の森や大蟻塚の荒地を探索したり
  • 釣りをしてみたり

と、細かい部分も確認していきたいなと。

実況苦手だし(ってか話しながらゲームすると集中できない)、うるさい実況動画は嫌いなんですが、マイク自体の録音はするかもしれません。

何かリクエストがあれば応えたいとは思うので、もしあれば問い合わせツイッターでメッセージ下さい。