【モンハンワールド】アンジャナフの弱点と各武器の攻撃方法をまとめました

【モンハンワールド】アンジャナフの弱点と各武器の攻撃方法をまとめました

「アンジャナフの弱点ってどこだよ」

っと思ってwiki見ても分かりにくかったり、結局どうやって弱点を狙えば良いか分からなかったりしませんか。僕自身そうだったので、自分で検証してまとめてみました。弱点が分かってもそこにうまく攻撃を当てられなければ意味がないと思っているので、各武器での弱点の狙い方についてもまとめています。

難しい方法ではなくて、アクションが苦手な場合やモンハン初心者だったとしても大丈夫なように、シンプルな方法をお伝えします。というのも、みんながみんなプロハンみたいに操作がうまいわけではないと思うので。タイムアタックを狙うような難しいテクニックは書いていません。

ただ、この記事を見てもらえればアンジャナフの弱点が分かって、討伐時間も短縮できるはずです。もしアンジャナフの弱点にうまく攻撃できていないなら、ぜひ参考にしてみてください。

-sponsored link-

1.アンジャナフの弱点部位

物理攻撃と属性攻撃とで分けました。まずは物理攻撃の弱点からお伝えします。

1-1.物理攻撃の弱点

アンジャナフの部位ごとに与えられるダメージの大きさを、以下の表にまとめました。Aが弱点部位で大きなダメージを与えられ、Eはあまりダメージを与えられない部位です。

検証方法:同じ攻撃をアンジャナフの各部位に当て、表示されるダメージを比較しました。

部位
B A C
前脚 E E D
後脚 E(D) E(D) E(D)
E E D
尻尾 C B B
A C A

見方:切…切断武器。打…打撃武器。弾…弓やボウガン。

別の書き方をすると、

  • 切 : 翼>頭>尻尾>部位破壊後の後脚>前脚=後脚=胴
  • 打 : 頭>尻尾>翼>部位破壊後の後脚>前脚=後脚=胴
  • 弾 : 翼>尻尾>頭>前脚=胴>部位破壊後の後脚>後脚

です。

また分かりやすいように画像でまとめてみたので、以下を見てみて下さい。

アンジャナフの切断属性の弱点部位

アンジャナフの弱点(切断属性)

切断武器の弱点は翼ですが、狙いにくいので次の弱点である頭を攻撃していきましょう。頭が狙えない場合やアンジャナフの後ろにいる場合は、次の弱点の尻尾を狙っていくと良いと思います。

アンジャナフの打撃属性の弱点部位

アンジャナフの弱点(打撃属性)

打撃武器は一番の弱点である頭を狙っていきましょう。次に弱点なのが尻尾です。翼も尻尾の次にダメージが通りやすいですが、無理に狙わなくても良いです。狙いづらいですし、頭を狙った方がより高いダメージを与えられるので。

アンジャナフの弾属性の弱点部位

アンジャナフの弱点(打撃属性)

弓やボウガンの弱点部位は翼です。近接武器よりも翼を狙いやすいので、翼が見えていたら積極的に狙っていきたいですね。ただ翼が見えていなかったり、位置的に狙いづらかったりする場合は、次の弱点の尻尾を狙っていきましょう。頭もダメージは通りやすいですが、翼や尻尾の方が大きなダメージを与えられます。

アンジャナフの弱点の翼を開くタイミングについて

アンジャナフが翼を開くのは、以下の3つのタイミングです。

  • 地面をえぐるような2連続突進をしている時
  • 怒り移行の咆哮をした時
  • さらに怒って口から火が漏れている時(排熱のために翼を開くと思われます)

近接武器は翼を狙いにくいので、頭や尻尾を狙った方が効率よくダメージを与えられます。

1-2.弱点属性

細かく検証出来ていませんが、ベータテストのアンジャナフの弱点属性は水です。ベータテストでは水属性の双剣がありますが、武器の属性値が低いので属性ダメージは期待できません。ボウガンの属性弾で攻撃する場合は、水冷弾を使うと他の属性弾よりも高いダメージを与えられます。

1-3.罠やアイテム、ダウン時などの拘束時間について

シビレ罠や落とし穴、また気絶や乗りダウン時などのアンジャナフの拘束時間についても知っておきましょう。僕が実際にタイマーを使って、各拘束が発生してからアンジャナフが体勢を立て直し始めるまでの時間を計測しました。以下、ぜひ目を通してみてください。

拘束状態 拘束時間
転倒※ 6秒
気絶 7秒
ダウン 10秒
麻痺 10秒
シビレ罠 8秒
落とし穴 8秒
閃光弾 20秒
テトルー罠 24秒

※脚にダメージを蓄積させて転倒させたときの時間です。

拘束すれば弱点を狙いやすくなります。積極的に拘束していきましょう。次の章で各武器の弱点への攻撃方法をお伝えしますので、あわせて参考にしてみて下さい。

2.武器別:アンジャナフの弱点への攻撃方法

どの武器にも共通して言えることは、アンジャナフの攻撃後の隙にこちらの攻撃を弱点に当てていくのが基本となる、ということです。

さらに欲を言えば、大きなダメージを与えられる攻撃を弱点に当てていくのが理想です。アンジャナフがよく動いて狙いづらく感じる場合は、麻痺させたり罠にかけたり、ダウンさせたりして動きを止めていきましょう。

どの攻撃が大きなダメージを与えられるのか詳しく知りたい場合は、別記事の『【MHW】武器別モーション値をwikiより詳しくまとめてみた※暫定版』を参考にしてみてください。

それでは、各武器の弱点部位への攻撃方法についてお伝えします。

2-1.大剣

抜刀斬り(納刀状態で移動しながら△)が弱点の頭に当てやすいです。頭を攻撃してアンジャナフがひるんだら、すかさず回避行動(×ボタン)でアンジャナフに近づき、タックル(回避後△)から飛び込みなぎ払い(〇ボタン)を繰り出して頭に当てていきましょう。

もちろん頭に各種溜め斬りを当てるのが理想ですが、慣れていないと空振りします。空振りして攻撃チャンスを逃すくらいなら、抜刀斬りを的確に当てていった方がマシです。また、頭が狙えないときはアンジャナフの尻尾を狙っていきましょう。

ダウンや麻痺時は、アンジャナフの頭の側面から抜刀斬り(溜め無し縦斬り)→強溜め斬り(溜め無し)→真・溜め斬りを当てられます。縦斬りや強溜め斬りを溜めてしまうと、真・溜め斬りが間に合あわないので欲張らないようにしましょう。

溜め斬りを的確に当てていきたい場合、地道に練習あるのみです。

2-2.太刀

縦斬り(△)や突き(〇)、気刃斬り(R2)などは弱点の頭に当てやすいです。ただ、無理に頭を狙うと攻撃を空振ったり、攻撃頻度が落ちたりしてしまうので、脚を攻撃して転倒したところを狙っていっても良いです。

拘束したら気刃突き(△+R2)して、気刃兜割を当ていきましょう。上手く狙えないときは気刃斬りコンボでも十分ダメージを与えられます。

2-3.片手剣

ちょこまか動く頭にコンボを叩き込むのは難しいので、後脚を攻撃して転倒させた後に弱点の頭や尻尾を狙うのも手です。ダウンしたら頭の方に移動して、旋回斬り(コンボ中任意方向L+△)を交えながらコンボを叩き込んでいきましょう。

うまい人は溜め斬り(コンボ中L↓+〇長押し)からのジャンプ斬り(空中△)やフォールバッシュ(駆け上がり斬り後〇)を当てていますが、慣れないと難しいです。

2-4.双剣

双剣は攻撃の打点が低くて、アンジャナフの頭や尻尾を狙っても空振りすることがあります。理想は弱点の頭に乱舞を当てることですが、難しいと感じる場合は後脚を狙って転倒を狙っていきましょう。

ダウンしたら鬼人連斬(鬼人化、鬼人強化中〇)で弱点の頭に突っ込んで、乱舞(△+〇)を当てられると大きなダメージを与えられます。

2-5.ハンマー

多少慣れが必要ですが、頭に溜めアッパー(R2長押し後離す)や縦振り(△)を当てていきましょう。ダウンや落とし穴の時は叩き付けコンボ(〇ボタンコンボ)が当てやすくて、麻痺やシビレ罠の時は縦3コンボ(△ボタン3回コンボ)が当てやすいです。

2-6.狩猟笛

アンジャナフの弱点の頭にはスタンプ(△+〇)や右ぶん回し(〇ボタン)が当てやすいです。尻尾を狙うときは右ぶん回し(〇)や二連右ぶん回し(〇〇)が当てやすいですね。

ダウンや気絶したらダメージの高い二連ぶん回し(〇〇)やスタンプ(△+〇)、演奏攻撃(R2)を当てていきたいです。

2-7.ランス

頭の位置をしっかりと確認して上突き(〇ボタン)を当てていきましょう。転倒やダウンしたらダメージの高い突進を頭に当てたいです。

2-8.ガンランス

弱点の頭を狙って叩き付けて、フルバースト(叩きつけ後〇)を当てていきたいです。フルバーストや砲撃(〇)は肉質無視攻撃なので、どの部位に当ててもダメージは変わらないです。

また叩き付けですが、斬り上げ(△+〇)から△ボタンでも出せますし、砲撃(〇)からクイックリロードして△+〇でも出せます。

2-9.スラッシュアックス

弱点の頭に的確に攻撃し続けるのは難しいですが、剣モードの縦斬り(△)は比較的頭を狙いやすいです。

ダウンしたら斧モードなら振り回し(〇)、剣モードなら縦斬りコンボ(△)や二連斬り(〇)を当てていきましょう。覚醒ゲージがたまっているなら、頭に属性開放突き(△+〇)を当てても良いと思います。

2-10.チャージアックス

的確に頭を狙い続けるのは難しいです。一応頭を意識しつつも当たればラッキーくらいの感覚で胴や脚を狙って、ダウンしたら高出力属性開放斬りを頭に当てていきましょう。

2-11.操虫棍

赤エキス(頭)取得後の強化連続斬り上げ(△)は攻撃の軌道が縦なので、アンジャナフの弱点の頭や尻尾を狙いやすいです。

ダウンしたら、強化連続斬り上げ(△)→強化けさ斬り(△)→強化なぎ払い(〇)→強化連続斬り上げ(△)…というコンボがお手軽で当てやすくて、ダメージも高いです(赤エキス取得時)。

また、ジャンプできるからといって、無理に翼を狙わなくても良いと思います。

2-12.弓

アンジャナフの攻撃をチャージステップで避けて、弱点の尻尾や翼に溜め射撃(R2)や剛射(〇)を当てたいです。動き回って狙いにくい場合は、罠を利用して動きを止めていきましょう。

また、竜の一矢(△+〇)も強力な攻撃なので狙っていきたいですね。アンジャナフと一直線上に並んでいる場合は、頭から尻尾まで貫くように狙いを定めて攻撃していきましょう。慣れが必要ですが、多段ヒットして大きなダメージを与えられます。

2-13.ライトボウガン

頭よりも尻尾の方がダメージを与えられるので、尻尾に貫通弾や水冷弾などを当てたいです。ただ、ソロだとアンジャナフがこちらを向いていることが多いと思うので、その場合は無理に尻尾を狙わずに頭を狙っていきましょう。また一番の弱点は翼なので、狙えるときは翼を攻撃して大きなダメージを与えたいです。

ちなみに、斬裂弾は切断属性なので、尻尾よりも頭や翼を狙った方が高いダメージを与えられます。

2-14.ヘビィボウガン

へビィボウガンはライトボウガンや弓よりも機動力が低いので、常に尻尾を狙い続けるのは難しいかもしれません。なので無理に尻尾を狙わずに、頭を狙っていくと良いと思います。

距離が近くなることを逆に利用して散弾を撃ったり、斬裂弾(切断属性なので頭が弱点)を撃ったりしていきましょう。動きを拘束して機関竜弾を弱点に撃てば大ダメージを与えられます。

まとめ:弱点を狙うには練習あるのみ!

弱点を知ったら、あとは弱点に的確に攻撃を当てられるように練習あるのみです。何度もトライしてうまくなっていくものなので、1回やってダメでもあきらめずに挑戦していきましょう!

MHW攻略カテゴリの最新記事