新作モンハン『モンスターハンターライズ』新情報まとめ

新作モンハン『モンスターハンターライズ』新情報まとめ

ニンテンドースイッチで発売される新しいモンスターハンターのゲーム『モンスターハンターライズ』のまとめです。『モンスターハンターライズ』は、2020年9月17日23日に公開された「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9」で発表されました。

果たしてどんなモンハンなのか!?現時点(2020年9月18日)で判明している情報について、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

タイトルは『モンスターハンターライズ』

モンスターハンターライズ [Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9]

ニンテンドースイッチで発売される新しいモンハンのタイトル名は『モンスターハンターライズ』です。

「ライズ」というタイトルは、ハンターがフィールドを自在に駆け上がっていく軽快なアクションのイメージであり、世界中のたくさんの人によって熱く盛り上がれるゲームにしたい、という思いが込められていると辻本氏が話しいました

モンスターハンターライズのコンセプトは『いつでもどこでも誰とでも気軽に楽しめるモンスターハンター』とのことです。

ハンターの衣装だったり、拠点の雰囲気だったり、モンスター名のフォントだったり、曲調だったり、百竜夜行(元ネタは「百鬼夜行」でしょう)というキーワードだったりと、『和』を感じさせるモンハンとなっていますね。和ゲー好きにはたまらんぞこれ。

公式サイトと公式ツイッターも公開されているので、どちらもチェックしておこう!

モンスターハンターライズの発売は3月26日(金)

モンスターハンターライズの発売は3月26日(金)
画像元:モンスターハンター Direct 2020.9.17 [Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9]

モンスターハンターライズの発売日は、2021年3月26日(金)です。

発売日2021年3月26日(金)
予約開始日パッケージ版:2020年9月25日(金)予定
ダウンロード版:予約受付中!
価格(通常版)パッケージ版 8,789円(税込)
ダウンロード版 7,990円(税込)
価格(デラックスエディション)ダウンロード版 8,990円(税込)

ダウンロード版はすでに予約が開始されています。公式サイトに急げ!

新アクション「翔蟲(かけりむし)」

モンスターハンターライズでは、これまでのモンハンになかった新しいアクションが追加されています。

画像元:モンスターハンター Direct 2020.9.17 [Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9]より

モンスターハンターライズでは、ハンターが携帯している「翔蟲(かけりむし)」を活用することで、崖の上や高台など、フィールド上のあらゆる場所に移動することが可能となっています。

ス〇イダーマンみたいに、蟲をワイヤーのように使って空中を移動しているのが動画で確認できます。しかも、どこかに引っ掛けることなく、空中に何もなくてもワイヤー移動できていますね。モンハン界の蟲すげー。。。(どんな原理だよとか突っ込んじゃダメ)

ワールドの楔虫を使ったワイヤーアクションを、さらに便利にしたような感じでしょうかね。

また、翔蟲を使った新しい攻撃アクションも追加されている模様。

画像元:モンスターハンター Direct 2020.9.17 [Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9]より

翔蟲を使って空中で攻撃をしたり(大剣、スラッシュアックス)、蟲を使って素早くモンスターの足元に移動したり(チャージアックス)、空中から蟲を使って素早く急降下攻撃したり(操虫棍)、蟲を使って突進(?)をしたり(おそらくガンランス)、蟲を使って剣を振り回して広範囲攻撃したり(片手剣)……。

とにかくスタイリッシュになっていますね。

新フィールド「大社跡(たいしゃあと)」

画像元:モンスターハンター Direct 2020.9.17 [Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9]より作成

辻本氏いわく、クエスト出発後は一つのシームレスなフィールドになっているとのことです。

モンスターハンターライズでは、翔蟲をつかってフィールドを自由自在に移動できるため、探索のし甲斐がありそうですね。ディレクターの一瀬氏も動画の中で「フィールドに様々な発見を散りばめている」と話していますし、レアアイテムが出現しやすい秘境的な場所も用意されているかもしれません。

また動画を見る限り、平坦で広いフィールドだな~と感じました。ぶっちゃけ、モンハンワールドよりも広さは感じられます。ワールドもフィールド全体は広いんですが、平坦で広い部分はあまりありませんでしたからね(闘技場くらいか)。過去作同様、広く平坦で、戦いやすいマップだなあと。個人的には嬉しいですね。

新オトモ「ガルク」

画像元:モンスターハンターライズ公式サイトより

ガルクは、ハンターを背に乗せて駆け回ることができるオトモです。ガルクで移動している間は、ハンターのスタミナは減らない模様。また、ガルクに乗っている間は、回復や一部のアイテムが使用可能です。ワールドのモンスターライドみたいな感じですね。

また、ガルクは攻撃タイプのオトモとのことです。モンスターと戦っている最中に、ハンターと一緒に戦ってサポートしてくれます。

そしておなじみのアイルーは援護タイプで、回復などのサポートをしてくれます。ガルクが攻撃で、アイルーが援助と、役割分担がされた感じですね。

一人プレイでは2匹のオトモを連れていけるのですが、ガルクとアイルーの組み合わせは自由です。ガルク×ガルクでも良いし、ガルク×アイルーでも良いし、アイルー×アイルーでもOK。

マルチプレイでは、一人のハンターに対して1匹のオトモを連れていけます。最大4人プレイなので、マルチプレイではMAXでハンター4人にオトモ4匹という構成で狩りに行けるわけですね。

モンスターハンターライズで登場する新モンスター

新作モンハン『モンスターハンターライズ』で登場する新たなモンスターは、現時点で以下が判明しています。

  • 怨虎竜マガイマガド
  • 傘鳥アケノシルム
  • 鎌鼬竜オサイズチ
  • 河童蛙ヨツミワドウ

怨虎竜マガイマガド

怨虎竜マガイマガド
画像元:モンスターハンターライズ公式サイトより

牙竜種「怨虎竜マガイマガド」は、モンスターハンターライズのメインモンスターです。妖怪の鵺(ぬえ)がモチーフでしょうか。

「怨虎竜(おんこりゅう)」の名が示すとおり、執念深く獲物を追い回し、獰猛に襲い掛かる牙竜だ

引用元:モンスターハンターライズ公式サイト 怨虎竜マガイマガド説明文より

見るからに龍属性のモンスターです。尻尾になにやら炎のように揺らめく禍々しいエネルギーを纏わせているのですが、それが見ようによっては鬼火に見える、という感じでしょうかね。

……なーんか、名前的に「う〇こりゅう」とかあだ名が付けられそうな予感。

そうそう、動画ではトビカガチたんを捕食(?)していて、いかにも強キャラな感じが出ているのですが……なんか見たことあるぞこの構図……。MH3のときのラギアのように、こいつはかませ犬で諸悪の根源は別にいるのでは!?!?

傘鳥アケノシルム

傘鳥アケノシルム
画像元:モンスターハンターライズ公式サイトより

鳥竜種「傘鳥(さんちょう)アケノシルム」。こちらは妖怪の唐傘小僧がモチーフでしょうか。

縄張り意識が強く、踏み入るものがあれば、翼を大きく広げたり目玉のように見える独特なトサカを展開して威嚇する。

引用元:モンスターハンターライズ公式サイト 傘鳥アケノシルム説明文より

クルペッコのように大きな鳥で、トサカを駆使して攻撃してきたり、火を吐いてきたりするシーンが動画で確認できました。

鎌鼬竜オサイズチ

鎌鼬竜オサイズチ
画像元:モンスターハンターライズ公式サイトより

鳥竜種「鎌鼬竜(れんゆうりゅう)オサイズチ」。これはもろに妖怪の鎌鼬(かまいたち)がモチーフでしょう。

オサイズチは、小型の「イズチ」を含めた群れを形成し、その中でも精鋭2頭を引き連れて縄張りを巡回している。ひとたび獲物を見つければ、三位一体の巧みな連携攻撃を浴びせてくる。

引用元:モンスターハンターライズ公式サイト 鎌鼬竜オサイズチ説明文より

裂傷状態になりそうな鋭い尻尾と爪を持っています。まあ、とりあえず小型2頭をぶっ〇せば楽になるんじゃないですかね(てきとう。

河童蛙ヨツミワドウ

河童蛙ヨツミワドウ
画像元:モンスターハンターライズ公式サイトより

両生種「河童蛙ヨツミワドウ」。これは名前にも入っちゃってますが、河童がモチーフですかね。

食事をすると腹部がふくれあがって動きが鈍くなるが、その分、攻撃に重みが増して破壊力が上がるので要注意だ。

引用元:モンスターハンターライズ公式サイト 河童蛙ヨツミワドウ説明文より

テツカブラのように大きく、ザボアザギルやドスジャグラスのようにお腹を膨らませる行動が確認できました。腹が膨れているときは肉質が柔らかくなって攻撃チャンスっぽいですね。

モンスターハンターライズに登場する過去作モンスター

モンスターハンターライズに登場する、過去作のモンスターは現時点で以下が判明しています。

  • トビカガチ(動画でマガイマガドに食われてます)
  • アオアシラ(動画でヨツミワドウと相撲してます)
  • ネルスキュラ(この動画の1分52秒のところで登場している……と思うんですが、別物かも。ライズは妖怪がモチーフになってるっぽいで「土蜘蛛」をモチーフとした新モンスターでしょうかネ)

また、動画には登場していませんが、おそらく登場するであろうモンスターは以下の通りです。

  • リオレウス(リオレウス装備のハンターが動画に登場している)
  • リオレイア(リオレイア装備のハンターが動画に登場している)
管理人うるぴー
管理人うるぴー

和風モンハンっぽいし、和風のモンスター来るんじゃね??ジンオウガ、タマミツネ、アマツマガツチ、オオナズチ、ヤマツカミ、テツカブラとか。ダイミョウザザミとショウグンギザミも和名っぽいけど、どうやろな……。あ、ヤオザミは要らないです。

拠点「カムラの里」

画像元:モンスターハンターライズ公式サイトより

モンスターハンターライズの拠点となるのは「カムラの里」です。これまでのモンハン同様、武器や防具の加工をはじめとした、狩猟生活に欠かせない施設がある模様。

なにやら「百竜夜行」なるイベント事件がストーリーの中心になりそうです。

画像元:モンスターハンター Direct 2020.9.17 [Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9]

五十年前に、怨虎竜マガイマガドによる悲劇が起こったそうなのですが……再びその悲劇が訪れようとしているのでしょうか。百竜夜行とは何なのか。めちゃくちゃ楽しみです。

他、モンスターハンターライズで判明していること

2020年9月18日時点では、公開されている情報から以下の点が判明しています。

現時点での不明点

2020年9月18日時点では、まだ以下のことについては不明。

  • スリンガーはないのか
  • クラッチはないのか
  • ダメージ表記はあるか
  • 新武器はあるか
  • 辻本氏の言う、縄張り争いの「新しい遊び」とは何か
  • 環境生物は捕まえられるのか(動画では、回復ミツムシ、キザシヤンマ、コバルトモルフォ、フンコロガシが確認できる)

モンスターハンターライズの発表を観た感想

楽しみでしかない!以上。

自分和ゲー好きなんで、モンスターハンターライズの雰囲気めちゃくちゃ気に入りました。音楽も良い感じ。装備のデザインも忍者風でカッコいいですね。

現時点で公開されている情報を見る限り、ワールドの良いところをしっかりと吸収し、課題だった部分を改善していそうで、より快適に遊べそうだなと。ワールドの新作はPS5で出るでしょうけど、それまではじっくりモンスターハンターライズを楽しめそうです。

とにかく続報が楽しみですね!次の情報公開は、おそらく2020年9月25日22時から生放送のTGS2020オンライン、そして同月26日21時から生放送でしょうかね。また新しい情報が出たら、まとめて記事にしていきます。

それではお読みいただきありがとうございました。

コメント