【モンハンワールド】気絶耐性スキルの内容まとめ

【モンハンワールド】気絶耐性スキルの内容まとめ

モンハンワールド(MHW)のスキル「気絶耐性」についてまとめました。MAXレベルは3。レベル3だと気絶しなくなります。

気絶しなくなることは生存率を上げることにつながるので、モンスターの攻撃をよく被弾してしまう場合はおススメのスキルです。

-sponsored link-

目次

気絶耐性スキルの内容

Lv1:気絶状態の時間を30%減らす
Lv2:気絶状態の時間を60%減らす
Lv3:気絶状態にならない

※内容は製品版と異なる可能性があります。

気絶状態からの復帰方法

モンスターの攻撃を連続して受けると、ハンターは気絶状態となって一定時間操作不能になります。気絶状態から復帰する方法は以下の2つです。

  • アナログスティックやボタンを連打する(気絶時間の短縮)
  • 攻撃を受ける(気絶から即復帰)

気絶状態はモンスターから追撃を受けてしまう危険性があります。なので、出来る限り気絶しないように立ち回りたいところです。もし連続してダメージを受けたらいったん逃げて、次の攻撃を食らわらないようにしたり、体力を回復して体勢を立て直すなどしましょう。

気絶状態になるとプレイヤー自身が焦ってしまうので、もしモンスターとの戦いで気絶することがあるのなら気絶耐性スキルをつけてみて下さい。生存率が上がり、狩りやすくなるはずです。

気絶耐性スキルがついている装備

  • ハンターヘッド(気絶耐性+1)
  • ハンターグラブ(気絶耐性+1)
  • インゴットフォールド(気絶耐性+1)

※2017年12月11日現在、まだベータテスト版であり、製品版では異なる場合があります。

MHWスキルカテゴリの最新記事