激昂ラージャン戦ランス装備&危険技の対処法を紹介【マルチ用】

激昂ラージャン戦ランス装備&危険技の対処法を紹介【マルチ用】

激昂ラージャン戦で使っているランス装備を紹介します。

先にお伝えしておくと、心眼珠がない場合の装備です。心眼珠がいっこうに出ないので(怒り)、装備によるスキルで心眼を代用しています。

激昂ラージャン戦用ランス装備

装備装飾品例
砕光の憤槍〇〇・攻撃珠【4】
剛刃珠【2】
EX金色ノ添髪β鉄壁・攻撃珠【4】
攻撃珠【1】
EX龍紋ヲ刻マレシ封鎧β鉄壁珠Ⅱ【4】
守勢珠【2】
EX龍紋ヲ刻マレシ封甲β鉄壁珠Ⅱ【4】
守勢珠【2】
超心珠【2】
EX金色ノ帯β守勢・攻撃珠【4】
耐衝珠【3】
EX龍紋ヲ刻マレシ封靴β攻撃珠Ⅱ【4】
強壁珠【2】
攻撃珠【1】
挑戦の護石Ⅴ
回避の装衣・改逆上珠【2】×2
転身の装衣・改任意
カスタム強化パーツ強化
会心率強化Ⅰ
回復能力付与Ⅰ
属性・状態強化Ⅰ
不可
攻撃力773(爪・護符込)
斬れ味
会心率15%
属性爆破300
発動スキル
龍脈覚醒(赤龍の封印)属性やられ耐性Lv2
心眼(金獅子の怒気)ひるみ軽減Lv1
攻撃Lv7ガード強化Lv1
挑戦者Lv5剛刃研磨Lv1
ガード性能Lv5(逆恨みLv2)
超会心Lv3(〇〇・攻撃珠【4】でつけられるスキル)
弱点特攻Lv3(装衣でつけられるスキル)
攻めの守勢Lv3

心眼珠が出ねえんだよ……!!ということでラージャン装備で代用。「ラージャン倒すのにラージャン装備がいるとか。。。」というツッコミは待ってください、激昂ラージャン装備ではなく、普通のラージャン装備です。

激昂ラージャンをランスで戦うにあたり、特に重要だと感じているスキルは「ガード性能Lv5」と「ガード強化」そして「心眼」ですね。ガード性能が乏しいとラージャンの多くの攻撃で大きくノックバックしてしまい、防戦一方になります。あとガード強化がないとビームが防げないので、起き攻めビームで乙ったりします。そして心眼がないと腕に弾かれて、ラージャンの攻撃を食らって乙、なんてことになりかねません。なのでそれらのスキルは必須。

あと攻撃面も充実させないと激昂ラージャンは厳しいかなと。激昂状態が長引けば長引くほど乙率が高まると個人的に感じているので、ガンガン頭を攻撃して一刻も早く解除させるのが攻略の鍵です。そのためにも攻撃力はなるべく高めておきたい。ってことで、「攻撃」やら「挑戦者」やら「超会心」やら「弱点特攻」やら「攻めの守勢」やらの攻撃スキルをつけています。

その分、体力増強などの生存スキルには一切振っていないので、もし不安がある場合は「攻撃」を切って「体力増強」をつけてみて下さい。

※心眼珠が出たら装備を更新します。果たしていつ出ることやら…。

激昂ラージャンの危険な攻撃の対処法【ランス目線】

続いて、激昂ラージャンの危険な攻撃への対処について、マルチプレイ時のランス目線でお伝えします。

拘束攻撃への対処法

ラージャンの掴みモーションは、出始めであればガード可能です。モーションの終わり際はガードが出来ません。なので、ラージャンとは距離をあまりあけず、ビビらずに張り付くことが拘束攻撃への基本的な対処法となります。

拘束されてしまった場合の対処法ですが…。ラージャンが非怒り状態であれば、拘束されたとしてもガードボタンを連打しておけばガードが間に合います(位置によっては間に合わないけど)。もしくはハジケ結晶や粘着弾、閃光玉などをスリンガーにセットしておいた場合は、それらを撃ってラージャンをひるませて逃げることが可能です。

怒り状態や闘気硬化状態の時に拘束されてしまったら…その時は潔く諦めろ。味方がラージャンをひるませてくれれば脱出できますが、ひるませられなかった場合、拘束攻撃を食らってしまいます。この記事でお伝えしたランス装備は体力増加をつけていないため、残り体力によっては拘束攻撃に耐えられません。なのでそもそも、拘束攻撃はくらわないように立ち回る必要があります。

繰り返しますが、拘束モーションの終わり際はガードができないので、ラージャンとの距離が離れていると危険です。なので、とにかくビビらずに激昂ラージャンに張り付くような位置取りをしていくことがポイントです。で、自分が攻撃した後はとりあえずガードダッシュをしておき、拘束攻撃が来たとしてもガードできるようにしておくと良いですね。

また、味方が拘束されてしまった場合は、スリンガー弾でひるませて助けてあげましょう。もしくは、生命の粉塵をまいて体力を回復させることも味方の生存率UPにつながります。ショートカットに設定しておいて、とっさに使えるようにしておきましょう!

地面を走る電撃の対処法

激昂ラージャンが使ってくる地面を走る電撃攻撃を、正面を向いてガードしてしまうと連続ノックバックで大きく体力を削られてしまいます。なので、可能な限り避けていきたいところ。

少々難易度は高いのですが、ラージャンとある程度距離(ステップ4~5回分)が離れている場合、横向きガードダッシュすることで攻撃を避けられる場合があります(以下のGIF動画参照)。仮に電撃に接触してしまったとしても、ガードダッシュしているのでガードで受けられます(削られますが)。

横にガードダッシュして華麗に(運よく)避けるハンター。

上記はラージャンと距離が離れている場合の対処方ですが、ラージャンと距離が近い場合は避けることが出来ません。なのでガードで受ける必要があります。ただ先ほどもお伝えしたように、真正面を向いてガードをしてしまうと、連続でノックバックしてしまって大きく体力が削られます。

なので、真正面ではなく、真横もしくはラージャンに背を向ける形でガードしてみて下さい(以下のGIF動画参照)。もちろん体力は削られるのですが、真正面からガードするよりも削りダメージは小さくなります。

ラージャンに背を向けてガードして凌ぐハンター。真正面で受けるより削りが少なくて済む。

ラージャンの飛びかかりの避け方

ラージャンの空高く飛んでからの飛びかかり攻撃も、威力が高いのでしっかりと避けていきたいところ。先ほどの地面を走る電撃よりも避けやすいです。まずは以下の動画を見てみて下さい。

ラージャンの必殺技「飛びかかり」をランスで避ける手順解説

ラージャンの飛びかかりは、以下の3つの手順で避けられます。

  1. ラージャンが飛ぶ直前(腕を地面につけるタイミング)で「突き」
  2. ラージャンが飛んだタイミングに合わせて後方へ「大バックステップ」
  3. 直後に後方へ「ガードダッシュ」

練習が必要ですが、慣れてしまえば楽に回避できます。もし飛びかかりに対処できていないのであれば、お伝えした上記の対処法を練習してみて下さい。

以上!参考にしてもらえればなと。お読みいただきありがとうございました。

コメント
タイトルとURLをコピーしました