アン・イシュワルダ戦用ランス装備&戦い方を紹介【マルチ用】

アン・イシュワルダ戦用ランス装備&戦い方を紹介【マルチ用】

イベントクエストのアン・イシュワルダが7月22日に解禁されたということで、アン・イシュワルダ戦のマルチプレイで使っているランス装備を紹介します。

念のためお伝えしておきますが、メインストーリーでのアン・イシュワルダ戦ではなく、イベントクエストのアン・イシュワルダ戦を想定しています。つまり、ムフェトなどの強力な装備を揃えられること前提での装備なのであしからず。

アン・イシュワルダ戦用ランス装備

装備装飾品例
赤龍ノ貫ク角・爆破投石・〇〇珠【4】
EX龍紋ヲ刻マレシ封冠β重撃・〇〇珠【4】
爆破珠【1】×2
EX龍紋ヲ刻マレシ封鎧β重撃・〇〇珠【4】
痛撃珠【2】
EXカイザーアームβ重撃・〇〇珠【4】
耐衝珠【3】
EXカイザーコイルβ鉄壁珠Ⅱ【4】
強壁珠【2】
鉄壁珠【1】
EX龍紋ヲ刻マレシ封靴β痛撃・〇〇珠【4】
耐震珠【2】
達人珠【1】
挑戦の護石Ⅴ
強打の装衣・改任意
転身の装衣・改任意
カスタム強化覚醒能力
会心率強化Ⅰ
回復能力付与Ⅰ
属性・状態強化Ⅰ
炎王龍の武技
斬れ味強化Ⅴ×2
攻撃力強化Ⅵ
攻撃力強化Ⅴ
攻撃力713(爪・護符込)
斬れ味
会心率20%
属性爆破320
発動スキル
龍脈覚醒(赤龍の封印)属性やられ耐性Lv1
達人芸(炎王龍の武技)見切りLv1
挑戦者Lv5回避性能Lv1
爆破属性強化Lv4スリンガー装填数UPLv1
超会心Lv3ひるみ軽減Lv1
弱点特攻Lv3ガード強化Lv1
破壊王Lv3(重撃・〇〇珠【4】でつけられるスキル×3)
ガード性能Lv3(投石・〇〇珠【4】でつけられるスキル)
耐震Lv1(痛撃・〇〇珠【4】でつけられるスキル)
熱ダメージ無効Lv1(装衣でつけられるスキル)

ムフェト爆破武器×達人芸の組み合わせ装備。龍脈覚醒+挑戦者+弱点特攻+傷つけで会心率100%になります。第一形態の時は頭に傷をつけて殴り、第二形態以降は頭や前足を傷つけて殴るスタイルになりますね(頭破壊を狙うのならとにかく頭を狙う)。

ガード性能はLv3で十分かなと。アン・イシュワルダ戦においては、まともにガードするより攻撃が当たらない位置にステップなどで避けたほうが良いと感じています。とくに超振動波はガードしてしまうと連続で削られてしまい耐えきれない場合があるので。ガード主体の戦い方をしないことを想定し、ガード性能はLv3にとどめています。とはいえLv3でも、スタミナ150ある状態から地盤爆発を3回連続でガードしてもスタミナが残ります。

あとは地盤爆発の際の震動を防ぐため、耐震Lv1をつけてます。これがないと「ふらつき→地盤爆発→気絶→追撃で乙」なんてことになりかねないので、事故を防ぐという意味でも必須レベルで必要。あ、もし戦いやすさを重視するのであれば、見切りLv1を捨てて「水場・深雪適応Lv1」をつけてみて下さい。砂に足を取られずに移動できます。

そうそう「スリンガー装填数UPLv1」に関してですが、第一形態の時に「ぶっ飛ばしからの落石」を2回当てたいのでこのスキルをつけています。スリンガー装填数UPをつければ、キャンプで種火石を1回拾うだけで2回ぶっ飛ばしができますから。マルチプレイの他のメンバーがぶっ飛ばしをしてくれるとは限らないので、自分で率先してぶっ飛ばしましょう。

アン・イシュワルダのランスでの戦い方

続いて、自分がマルチプレイで気を付けている戦い方についてもお伝えします。よければ参考にしてもらえればなと。

第一形態の時に「ぶっ飛ばしからの落石」を2回狙う

これはランスに限らないのですが、第一形態の時に「ぶっ飛ばしからの落石」を2回狙っていきます。スキル「スリンガー装填数UP」をつけて、キャンプで種火石を拾い、落石ポイントを狙ってぶっ飛ばしましょう。かなり高いダメージ(上記画像だと9731ダメージ)を与えられます。

先ほどもお伝えしましたが、他のメンバーがぶっ飛ばしてくれるとは限らないですからね。マルチプレイにおいては他力本願ではなく自分で率先して行動した方が良いと感じてます。

クラッチ攻撃で積極的に傷つける

ランスは傷つけ攻撃が優秀(1回で傷つけ&モーションが短い)なので、積極的に傷をつけていきたいところ。とはいっても、傷をつけるのは弱点部位だけでOK。アン・イシュワルダであれば、頭もしくは前足ですね。他のメンバーが傷つけ2回組の場合、お前がやらなきゃ誰がやるってレベルでランスが率先して傷つけたほうが良いです。

超振動波時は安全に前足にクラッチ攻撃が出来る。

超振動波を撃っているアン・イシュワルダは、傷つけの恰好の的です。前足にクラッチすりゃ超振動波は当たりません。

ダウン時にも、頭に傷がついていないようなら率先して傷をつけていきます。みんな頭を殴りますから。すでに傷がついている場合は普通に殴った方がダメージ稼げるので、クラッチではなくて突き攻撃していけばOK。

頭を積極的に攻撃する

アン・イシュワルダのアゴを下からブスリと突くハンター。

アン・イシュワルダは頭が斬属性の弱点なので、積極的に狙っていきたいです。上段突きが頭に届くので、槍の先端をアゴに当てるように狙い、チクチク攻撃していきましょう。

ただ、アン・イシュワルダの体の下に潜り込んでいると、UFOキャッチャーのアームみたいな両翼攻撃がくるので注意。翼攻撃が来たらステップ+ガードダッシュで範囲外(アン・イシュワルダの顔前方)に逃げるか、ガードダッシュで受けてやり過ごしましょう。

あ、後ろ脚はダメージ通りづらいので狙わなくて良いです。積極的に頭を狙い、頭が狙いにくい時は前足を狙っていくと良いですね。

前方への超振動波は常に注意する

個人的にですが、慣れていない時の死亡率NO1のアン・イシュワルダの攻撃って、前方への超振動波(破壊光線みたいなやつ)じゃないかなと。うっかりガードしてしまって連続ガードで体力をごっそり削られて乙る、という経験をしたランサーは自分だけではないはず…。

なので、常に警戒しておきたいです。とにかくアン・イシュワルダが次の行動に移る際は、「前方への超振動波が来るかも」と意識しておいたほうが良いですね。で、実際にその攻撃が来たら、予備動作で即座に判断してステップ+ガードダッシュでとにかくアン・イシュワルダの横に逃げていきます。以下、参考GIF。

予備動作を見てステップ+ガードダッシュで華麗に避けるハンター。

正面からズレてしまえば超振動波は当たらないです。避けてしまえば攻撃チャンスなので、腕を攻撃したり、クラッチしたりしていきましょう。

砂の中で戦わない

これもランスに限らないのですが、砂の中では戦わないようにしましょう。スキル「水場・深雪適応」がない場合は動きづらく、攻撃を避けにくいです。また、アン・イシュワルダの翼や振動攻撃が砂に接触すると爆発が起きるのですが、これもまた非常に厄介です。個人的には、砂の中にいると被弾率が高まると感じています。若干焦りますしね。

あと砂の中にいると、位置によっては上段突きがアン・イシュワルダの頭に届かないんですよね。っという感じで砂の中は攻撃しづらいし、乙率も高まるしで良いことないです。なので、無理に戦わずに砂から出ることを優先しましょう。

まあ、ぶっちゃけ慣れですよ慣れ。過去の自分もそうだったのですが、慣れていない時は被弾が多く、気絶→追撃で乙、みたいなことが何度もありました。ただ、慣れてしまえばそんなに被弾する相手ではないし、乙ることも少ないとは感じています。何度も乙る場合、とにかくめげずに挑戦して攻撃パターンを把握していきましょう。

以上、よければ参考にしてみてもらえればなと!それではお読みいただきありがとうございました。

コメント
タイトルとURLをコピーしました