【MHW:I】歴戦王イヴェルカーナ対策用の大剣装備

【MHW:I】歴戦王イヴェルカーナ対策用の大剣装備

MHW:I(アイスボーン)の歴戦王イヴェルカーナ対策用の大剣装備を紹介します。先にお伝えしておくと、ミラボレアス防具やミラボレアス大剣を使っているのであしからず。

スポンサーリンク

歴戦王イヴェルカーナ用の大剣装備①EXラヴィーナγ未使用

装備装飾品例
ブラックミラブレイド渾身・整備珠【4】×2
EXオルムングヘルムβ耐氷珠Ⅲ【4】
短縮珠【2】
攻撃珠【1】
EXドラゴンハイドβ短縮・整備珠【4】×2
痛撃・整備珠【4】
EXドラゴンクロウβ超心・加護珠【4】×2
超心・回避珠【4】
EXドラゴンスパインβ挑戦珠Ⅱ【4】
攻撃珠Ⅱ【4】×2
EXドラゴンフットβ渾身・加護珠【4】×3
挑戦の護石Ⅴ
不動の装衣・改攻撃珠【1】×2
転身の装衣・改攻撃珠【1】×2
攻撃力は爪・護符込み。
発動するスキル
継承(黒龍の伝説)整備Lv5
超越(黒龍の伝説)見切りLv4
抜刀術【力】
(氷牙竜の絶技)
氷耐性Lv3
挑戦者Lv7超会心Lv3
攻撃Lv5(Lv7)弱点特効Lv3
精霊の加護Lv5集中Lv3
渾身Lv5回避性能Lv3

ミラボレアス大剣を採用

ミラボレアスの大剣を採用。龍封力が大ですし、攻撃力もクソ高いので、火属性大剣を担ぐまでもないかなと。

氷属性やられ対策で「氷耐性Lv3」

「氷耐性Lv3」をつけています。氷の耐性値を高めるのもそうですし、氷属性やられを防ぐためでもあります。氷属性やられはスタミナ消費が増えて厄介ですからね。まあ「属性やられ耐性Lv3」でもOKです。

会心率の低さは「渾身」で補う

ミラ大剣の会心率の低さを「渾身」でカバーしています。素の会心率はマイナス5%ですが、挑戦者Lv7(会心率+20%)、渾身Lv5(会心率+40%)、弱点特効(弱点に傷つけて会心率+50%)なので、イヴェルカーナの怒り時は会心率100%に到達します。

精霊の加護Lv5や整備Lv5で生存率をカバー

気絶耐性や根性はないですが、まあ、連続で攻撃を受けない限り乙ることはないかなと。氷耐性Lv3で耐性は23ありますし、「超越(黒龍の伝説)」で体力もスタミナも200ありますし。精霊の加護Lv5もあるし、整備Lv5で転身と不動を着まわすこともできますしね。

もし装飾品が揃っていない場合は、「氷耐性Lv3」「整備Lv5」「集中Lv3」あたりを優先的につけてもらって、あとは攻撃系のスキルを充実させてみてください。

管理人<br>うるぴー
管理人
うるぴー

2020年10月18日追記:もし氷攻撃で乙ってしまうようであれば、不動の装衣ではなく耐寒の装衣を使ってみて下さい!氷のダメージを大きく抑えられます。生存率上がりますよ。

歴戦王イヴェルカーナ用の大剣装備②EXラヴィーナγ使用

装備装飾品例
ブラックミラブレイド攻撃珠Ⅱ【4】×2
EXドラゴンヘッドβ挑戦珠Ⅱ【4】
痛撃・整備珠【4】
超心・整備珠【4】
EXドラゴンハイドβ超心・整備珠【4】×2
短縮・整備珠【4】
EXドラゴンクロウβ短縮・回避珠【4】×2
耐氷珠Ⅲ【4】
EXドラゴンスパインβ達人珠Ⅱ【4】×2
速納・達人珠【4】
EXラヴィーナグリーヴβ耐衝・回避珠【4】
攻撃珠【1】
挑戦の護石Ⅴ
回避の装衣・改攻撃珠【1】×2
転身の装衣・改攻撃珠【1】×2
発動するスキル
継承(黒龍の伝説)氷耐性Lv3
超越(黒龍の伝説)超会心Lv3
見切りLv7弱点特効Lv3
挑戦者Lv7集中Lv3
攻撃Lv5(Lv7)フルチャージLv3
整備Lv5納刀術Lv3
回避性能Lv4ひるみ軽減Lv1
気絶耐性Lv3

こちらはEXドラゴンシリーズに、脚だけEXラヴィーナγを採用した装備です。先ほどの装備とは違って「抜刀術【力】」「渾身」「精霊の加護」はなく、代わりに「フルチャージ」や「納刀術」がついた装備になりますね。歴戦王カーナに慣れてきたようの装備ですね。

また、装衣は「不動」ではなく「回避」を採用。歴戦王カーナの攻撃をかわして、攻撃力を高めて戦っていきましょう。とはいえ慣れていないと被弾して乙ってしまう可能性があるので、練習して慣れていってもらえればなと。

また「ひるみ軽減」はマルチプレイを想定してつけています。実際に何十回と戦っているのですが、ひるみ軽減がないと味方の攻撃が当たって動けない時が何度かあったので……。まあ、気にならないのであれば別のスキルをつけてみて下さい。

歴戦王イヴェルカーナ戦の立ち回りについて

基本的な立ち回りについては、別記事『【MHW:I】歴戦王イヴェルカーナの立ち回りについて解説 』でお伝えしています。

以下、大剣での立ち回りについて。

大剣は、歴戦王カーナの隙に抜刀斬りを叩き込み、さらに隙を見て真・溜め斬りを狙っていく立ち回りになります。ソロで戦ってみたのですが、意外と溜め斬りをぶち込めるタイミングはあるなと感じました。

例えば、以下のタイミングで抜刀溜め斬りをぶち込めます。

  • 薙ぎ払い氷ブレス中(体の外側から狙う感じ)
  • 直下型ブレスの後(最初の氷を歩いて避けたあとに溜める)
  • 六花氷ブレスの後
  • 小突進の後(予備動作を見て即溜め)
  • 極低温ブレス(体の側面から溜める)
  • 全体氷まき散らしブレス後(直下ブレスを避けてから溜める)

また、真・溜め斬りは以下のタイミングで狙えます。

  • 薙ぎ払い氷ブレス中(体の外側から狙う。抜刀斬り→スリンガー強化撃ちからコンボ)
  • 全体氷まき散らしブレス後(直下ブレスを避けてから抜刀斬り→スリンガー強化撃ちからコンボ)

最初に紹介した装備には抜刀術【力】をつけているので、スタンも1~2度狙えます(ソロの場合)。スタンしたらすかさず真・溜め斬りを狙っていきましょう。

また回避性能はLv3で十分でした。尻尾の判定は一瞬なので避けやすいし、各氷ブレスもタイミング合わせれば避けられます(要慣れですが)。まあ、被弾しても体力MAXなら一撃死はないため、落ち着いて回復していきましょう。

以上!

歴戦王イヴェルカーナ用の大剣装備を作る際は、参考にしてみて下さい。それではお読みいただき、ありがとうございました。

管理人<br>うるぴー
管理人
うるぴー

行動パターンが超絶強化されていますが、いつものように隙をついて頭をぶっ叩いていく戦い方でおk。

コメント