【MHW:I】対歴戦クシャルダオラ用ランス装備【マルチ用】

【MHW:I】対歴戦クシャルダオラ用ランス装備【マルチ用】

MHW:I(アイスボーン)の、通常のクシャルダオラではなく、歴戦のクシャルダオラ用のランス装備を紹介します。ソロプレイ用ではなくマルチ用です。

歴戦ともなると風圧がめちゃくちゃ厄介なので、完全風圧無効をつけた装備を組みました。もし「風圧うぜー」と感じているのであれば、この後紹介する装備を参考にしてもらえればなと。

管理人うるぴー
管理人うるぴー

通常のクシャ用ランス装備は、別記事『【MHW:I】対クシャルダオラ用ランス装備を紹介【マルチ】』で紹介しています。

スポンサーリンク

歴戦クシャルダオラ用ランス装備

歴戦クシャルダオラ用ランス装備
装備装飾品例
鬼神天槍ラージャン
EXブラキウムヘルムα痛撃珠【2】×2
攻撃珠【1】
EXクシャナディールβ挑戦珠Ⅱ【4】
超心珠【2】
EXクシャナハトゥーβ守勢・攻撃珠【4】
超心珠【2】
EXブラキウムコイルβ超心・〇〇珠【4】
鉄壁珠【1】
EXクシャナベイルα挑戦珠Ⅱ【4】
耐衝珠【3】
攻撃の護石Ⅴ
転身の装衣・改達人珠【1】×2
滑空の装衣・改守勢・〇〇珠【4】×2
攻撃力は爪・護符込み。
発動スキル
風圧完全無効(鋼龍の飛翔)回避性能Lv2
挑戦者・極意(砕竜の闘志)回避距離UPLv2
攻撃Lv7ひるみ軽減Lv1
挑戦者Lv7攻めの守勢Lv1(Lv3)
超会心Lv3(見切りLv2)
弱点特効Lv3(超心・〇〇珠【4】のスキル)
ガード性能Lv3(守勢・〇〇珠【4】のスキル)
匠Lv2

風圧完全無効を採用したランス装備です。クシャルダオラは歴戦ともなると、風圧がめちゃくちゃうっとおしいんですよね。気絶させたり、ぶっ飛ばしたり、乗りを狙ったり、頭ダウンを取ったりと拘束できるパーティーなら風圧は気にならないかもしれませんが、まともに戦うとなると風圧はやっぱり脅威。ランスに限らず、近接武器なら風圧完全無効をつけておくとストレスなく戦えるかなと。

また、ガード強化はつけていません。クシャルダオラの前方広範囲の暴風ブレスはガード強化がないと防げないのですが……クシャと何度か戦っていて被弾することがなかったので、ガード強化は別に必要無いかなと。

歴戦クシャルダオラとのランスでの戦い方について

基本的には、クシャの頭をひたすら上段突きで狙っていく戦い方になります。飛ばれるとランスは戦いづらくなるので、ぶっ飛ばしたり(非怒り時のみ)、閃光弾で落としたり(怒り時のみ推奨)していきたいです。

マルチの場合、如何にクシャを拘束するかが重要になってきます。拘束できずに暴れ回られると時間がかかってしまいますし、ストレスもマッハだし、味方の乙率も上がりますからね。

なので、クシャが非怒り時のときはぶっ飛ばしを決めていきたいです。空中にいる時もぶっ飛ばし出来るので(クシャが高いところにいるとぶっ飛ばしが不発に終わることもありますが)、転身の装衣をつかって空中でもぶっ飛ばしていきましょう。

で、ダウン時に乗り攻撃(突進ジャンプ攻撃)を4回ほど当てていきます。その際、味方をこけさせないように注意……。で、クシャがダウンから復帰して怒り状態に移行したら、その際の咆哮をガードして、突進ジャンプ攻撃を当てて乗りを狙っていきましょう。で、乗りダウンしたらすかさず頭を叩いていく、という感じです。

また、飛んで暴れ回られると厄介なので、怒り状態のときはスリンガー閃光弾で落としていくと良いですね。非怒り時は先ほども言ったようにぶっ飛ばしていきたいので、閃光弾は怒り時にのみ使っていきましょう。

あと!パーティーにライトボウガンやヘビィボウガンがいる場合は、乗りや閃光弾のタイミングを見計らっていきましょう。ライトやヘビィが徹甲榴弾を使う場合、(的確に頭に狙えるガンナーであれば)クシャは比較的簡単に気絶ダウンします。乗った直後に気絶したり、閃光弾を当てた直後に気絶したりしたら、せっかくの拘束時間(クシャをボコボコにできる時間)がキャンセルされてしまい、非常にもったいない。

なので、ガンナーが徹甲榴弾を撃っているのが確認出来たら、彼らがクシャを気絶させた後に乗りや閃光弾などを狙っていくようにしましょう。

以上!

古代樹の森での歴戦クシャは戦う地形が悪いのか、竜巻だらけで戦いづらくてクソだなと感じていたのですが、イベクエの兵器置き場で戦う歴戦クシャは比較的戦いやすいかなと感じました。平坦+広いフィールド、神やな。竜巻も避けやすいですし。

あ、兵器置き場で歴戦クシャと戦う場合は、ぜひ撃龍杭砲も使っていってもらえればなと。別記事『【MHW:I】兵器置き場の『撃龍杭砲』の当て方』で解説しているので、よかったら参考にしてみて下さい。

それではお読みいただきありがとうございました。

コメント