【MHW:I】EXドラゴンを使った対ミラボレアス用チャアク装備

【MHW:I】EXドラゴンを使った対ミラボレアス用チャアク装備

MHW:I(アイスボーン)のミラボレアス防具(EXドラゴン)を使った、ミラボレアス対策用のチャージアックス装備を紹介します。ミラボレアス防具がない場合は、別記事『【MHW:I】対ミラボレアス用チャージアックス装備を紹介【マルチ】』を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

EXドラゴンを使った対ミラボレアス用チャージアックス装備詳細

装備装飾品例
真・黒龍盾斧重撃・加護珠【4】×2
EXドラゴンヘッドβ重撃・加護珠【4】
挑戦・加護珠【4】×2
EXドラゴンハイドα昂揚・回避珠【4】×2
跳躍珠【2】
EXドラゴンクロウβ跳躍・回避珠【4】
超心・整備珠【4】
昂揚・整備珠【4】
EXドラゴンスパインα匠・整備珠【4】
強壁珠【2】
増弾珠【2】
EXマムガイラグリーヴβ耐火珠Ⅲ【4】
整備珠【1】×2
挑戦の護石Ⅴ
不動の装衣・改攻撃珠【1】×2
転身の装衣・改砲手珠【1】×2
発動するスキル
継承(黒龍の伝説)弱点特効Lv3
超越(黒龍の伝説)強化持続Lv3
挑戦者Lv7破壊王Lv3
回避性能Lv5回避距離UPLv2
精霊の加護Lv5匠Lv1
整備Lv5砲弾装填数UPLv1
気絶耐性Lv3ガード強化
火耐性Lv3(攻撃Lv2)
見切りLv3(砲撃手Lv2)
超会心Lv3

ミラボレアスのチャージアックスとミラボレアスの防具(頭と腕がβ)、そして足にマム・タロトの防具を組み合わせた装備です。

火力スキルをもっと詰め込みたかったんですけど……何度も戦ってみた結果、回避性能Lv5と回避距離UPLv2をつける構成に落ち着きました。それらをつけることでミラの攻撃を回避しやすくなりますし、攻撃範囲から逃げやすくもなるので。

チャアクは武器をしまうスピードが遅いのですが、納刀術はつけていません。なので武器をしまうタイミングに注意。焦って納刀しようとせずに、安全なタイミングまで待ってから納刀するようにしましょう。

あと、ガード強化をつけています。チャアクは機動力があんまりない(と個人的に感じている)ので、360度ブレスを回避するのが難しい場合が多々あったんでよね。安全に対処するためにも、回避ではなくガードするようにしてみて下さい。

また、砲撃手Lv2を転身の装衣につけています。ミラを拘束して、ミラの頭に速射バリスタをぶちこんで破壊していくためですね。ただ、マルチプレイの場合は他のメンバーがバリスタを使うかもしれません。そうなると砲撃手が活かせないので、割り切って別のスキルをつけるのもアリです。攻撃や見切りなどですね。まあ、その辺は自由に調整してもらえればなと。

ミラボレアス戦の立ち回りについて

基本的な立ち回りは『【MHW:I】ミラボレアスの立ち回りについて解説』で紹介しています。また、チャージアックスでの立ち回りについては『【MHW:I】対ミラボレアス用チャージアックス装備を紹介【マルチ】』を参照。

以下は、この記事のミラ防具を使う際の立ち回りについてです。

四足歩行時は頭を狙い、立っている時は胸部を狙うというのはどの武器でも同じなのですが、チャアクで大事なのは、とにかくゴリ押ししないこと!

剣モードであれば、とっさのGP(斧モード変更時にガードできるタイミング)で対処できますが、斧モードは反撃をくらいやすいかなと。

たとえば高出力属性解放斬りや、超高出力属性解放斬りは、タイミングを間違えると反撃をくらいます。というか、それらは与えられるダメージが大きいので、ミラボレアスの「怯みからの倒れ込み攻撃」が発生しやすいんですよね。で、倒れ込みをくらって乙ることもあれば、拘束されて追撃くらって乙ることもあります。不動の装衣を着ていても、それらは防げませんし。大技なのでぶっ放していきたいのですが、安易な使用はちょいとリスキーです。

なので、高出力属性解放斬りや、超高出力属性解放斬りは無理に狙わなくておk。転身の装衣を着ている時は、比較的安全なのでぶっ放して良いとは思いますけどね。

で、チャアクで頭を狙う際のタイミングなのですが、個人的には以下のタイミングが頭を攻撃しやすいと感じています。

  • 四足歩行時の噛みつき系:GPからの高出力属性解放斬り(ただし運が悪いと反撃をくらう)
  • 扇ブレス:斧の叩きつけ→属性解放斬りⅡで
  • 薙ぎ払いブレス:体下に潜り込んでブレス後にタイミングを合わせて頭を斬る

繰り返しますが、ゴリ押しはダメ。精霊の加護Lv5や気絶耐性Lv3があるとはいえ、強引に攻めるとあっさり乙ります。なので、慎重に立ち回っていきましょう。

以上!

もしミラ防具を使ったチャージアックス装備を作るのであれば、参考にしてみて下さい。それではお読みいただき、ありがとうございました。

コメント