【MHW:I】EXドラゴンを使った対ミラボレアス用大剣装備

【MHW:I】EXドラゴンを使った対ミラボレアス用大剣装備

MHW:I(アイスボーン)のミラボレアス防具(EXドラゴン)を使った、ミラボレアス対策用の大剣装備を紹介します。ミラボレアス防具がない場合は、別記事『【MHW:I】対ミラボレアス用大剣装備』を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

EXドラゴンを使った対ミラボレアス用大剣装備①フルチャ型

装備装飾品例
ブラックミラブレイド渾身・加護珠【4】×2
EXドラゴンヘッドβ渾身・加護珠【4】
短縮・加護珠【4】
短縮・整備珠【4】
EXドラゴンハイドα短縮・整備珠【4】
超心・整備珠【4】
回避珠【2】
EXドラゴンクロウβ無傷・加護珠【4】
無傷・整備珠【4】
跳躍・回避珠【4】
EXドラゴンスパインα挑戦珠Ⅱ【4】
渾身珠【2】×2
EXマムガイラグリーヴβ耐火珠Ⅲ【4】
達人珠【1】
整備珠【1】
挑戦の護石Ⅴ
不動の装衣・改攻撃珠【1】×2
転身の装衣・改攻撃珠【1】×2
発動するスキル
継承(黒龍の伝説)気絶耐性Lv3
超越(黒龍の伝説)火耐性Lv3
挑戦者Lv7超会心Lv3
精霊の加護Lv5弱点特効Lv3
渾身Lv5集中Lv3
整備Lv5フルチャージLv2
見切りLv4回避距離UPLv1
回避性能Lv4(攻撃Lv2)

ミラボレアスの大剣とミラボレアスの防具(頭と腕がβ)、そして足にマム・タロトの防具を組み合わせた装備です。個人的にミラに大剣で挑むとどうしても被弾が多くなってしまうので、整備Lv5をつけて不動と転身の装衣を着まわしていくことを想定しています。

素の会心率はマイナス10%ですが、挑戦者Lv7(会心率+20%)、渾身Lv5(会心率+40%)、弱点特効(弱点に傷つけて会心率+50%)なので、ミラボレアスの怒り時はMAX会心率100%になります。

匠がついていないので、戦っている最中に白ゲージになるはずです。その場合、キレアジの上ヒレを使っていきましょう。ソロの場合、無理せずモドリ玉を使っても良いですね。もし匠をつけたいのであれば、回避珠や無傷珠を外して匠珠をつけてみて下さい。

また火力系スキルを優先したので、破壊王はつけていません。何度かソロでやってみたのですが、頭の完全な部位破壊(二段階破壊)はちょいと厳しいかなと感じています。もし頭を完全破壊したいのであれば、何かしらを外して重撃珠をつけてみてもらえればなと。外すとしたらフルチャージでしょうかね。

あと、回避性能Lv4と回避距離UPLv1をつけています。人によっては要らないと思うかもしれませんが、個人的には欲しい。それらの回避系スキルがあることで、地面から噴き出す炎を避けられますし、直下型スリップブレスの範囲から逃れやすくなるので。まあ、スキルは自由に調整してみて下さい。

EXドラゴンを使った対ミラボレアス用大剣装備②攻撃型

装備装飾品例
ブラックミラブレイド渾身・整備珠【4】×2
EXドラゴンヘッドβ渾身・加護珠【4】×3
EXダマスクメイルβ痛撃・整備珠【4】
短縮珠【2】
整備珠【1】
EXドラゴンクロウβ超心・加護珠【4】×2
超心・回避珠【4】
EXドラゴンスパインβ挑戦珠Ⅱ【4】
攻撃珠Ⅱ【4】×2
EXマムガイラグリーヴβ耐火珠Ⅲ【4】
達人珠Ⅱ【4】
痛撃・整備珠【4】
挑戦の護石Ⅴ
不動の装衣・改攻撃珠【1】×2
転身の装衣・改攻撃珠【1】×2
発動するスキル
継承(黒龍の伝説)見切りLv4
超越(黒龍の伝説)気絶耐性Lv3
挑戦者Lv7火耐性Lv3
精霊の加護Lv5超会心Lv3
渾身Lv5弱点特効Lv3
整備Lv5集中Lv3
攻撃Lv4(Lv6)回避性能Lv2

2020年10月9日更新。こちらは胴にダマスクを採用。フルチャと回避系スキルを切って、その分「攻撃」に回したスキル構成になっています。慣れてきたらこちらを使ってみてもらえればなと。

ミラボレアス戦の立ち回りについて

基本的な立ち回りは『【MHW:I】ミラボレアスの立ち回りについて解説』で紹介しています。また、大剣での立ち回りについては『【MHW:I】対ミラボレアス用大剣装備』を参照。

以下は、この記事のミラ防具を使う際の立ち回りについてです。

装衣が使える時は積極的に使っていきます。で、四足歩行時は頭に傷をつけて攻撃し、立っている時は胸部に傷をつけて攻撃していきます。後述しますが、真溜め斬りは無理に狙わなくて良いっす。抜刀溜め斬りや、抜刀斬りからの強溜め斬りを当てていくのが基本になりますね。

転身の装衣を着ている時は、ほとんどの攻撃を回避できます。が、直下型スリップブレスだけはマジで注意しましょう。あっさり溶けてしまうので。モーションが見えたら、即座にブレスの範囲から離れましょう。

また、不動の装衣を着ている時は、転身の装衣よりもちょっと注意が必要です。不動を着ていても大ダメージを食らう時ありますし、拘束は防げませんからね。なのでゴリ押しするのではなくて、たとえ不動の装衣を着ていたとしてもダメージを食らわない意識で立ち回りましょう。

で、頭の狙い方ですが、ミラボレアスが四足歩行状態のときは、小さな隙に抜刀斬りを頭に当てていく感じです。「噛みつきの後(隙は小さい)」や「振りかぶってからの噛みつきの後(隙は大きい)」、「薙ぎ払い火炎ビームの後」など、斬りつけるチャンスはいくつかあります。といってもタイミングが重要なので、何度も練習してみて下さい。

また、四つん這い前方広範囲スリップブレスも、頭を攻撃するチャンスです。モーションが見えたら、すぐさま反応して頭に抜刀斬りを当てて、強溜め斬り(溜め3)を当てていきましょう。で、当てたらすぐに後ろに回避して下がり、ブレス後の爆発を避けていきます。真溜めは間に合わないので狙わなくておk。

真溜め斬りはついつい使いたくなるものですが、慣れないとほとんど成功しません。拘束で動きを封じている時ですら、慣れていないと空振りします(経験談)。また、ミラの足元にいる時に強引に使っても、反撃されたり、倒れ込みからの拘束されたりなど、ちょいとリスクがデカい。

なので真溜めは慣れないうちは、無理に使わなくて良いかなと感じています。まあ、転身の装衣を着ている時であれば比較的安全なので、真溜め斬りを多少強引に狙っていっても良いですね。

あ、真溜めを狙う場合は、滅龍石のスリンガー強化撃ちキャンセルは使わないほうが良いです。というのも、滅龍石でミラボレアスがひるんでしまって、真溜めが空振りしてしまうからです(経験談)。石なので石ころを使いましょう。

とにかく基本に忠実に、隙をついて攻撃していけばおkです。武器種に限らず、練習しないと慣れないので(当たり前)、何度もトライしていきましょう。

以上!

もしミラ防具を使った大剣装備を作るのであれば、参考にしてみて下さい。それではお読みいただき、ありがとうございました。

コメント